美味しい焼き芋を自宅で作ろう!

  • LINEで送る

焼き芋の栄養価

焼き芋の食物繊維の量はお芋の3.5%あるとされています。
一般的な焼き芋なら100~500gのものを1個食べることで3.5~17.5gの食物繊維を摂取することができます。
2010年において食物繊維接種の目標量は18歳以上で1日当たり男性19以上、女性17以上となっています。

焼き芋の500gならペロリのような気もしますね。

さらにサツマイモにはヤラピンという成分が含まれていて、便秘に効果があります。
このヤラピンは皮の方に多く含まれているので、便秘気味の方はぜひ皮まで残さず食べてくださいね。

 

焼き芋に合うお芋って?

最近人気なのは、ねっとりしっとりしていて甘いものです。これらの代表例が「安納芋」、「紅はるか」、「シルクスイート」です。

安納芋

 

芋に含まれる水分量が多いため、外の皮に蜜があふれるほど甘くなります。
蜜が詰まっているので甘いだけでなく、ねっとりしっとりとした食感を楽しめるのも安納芋の特徴です。
砂糖を使わなくても激甘な焼き芋を作ることができます。

 

紅はるか

 

焼き芋にする前のサツマイモの糖度は10数度くらいが一般的ですが、紅はるかの品種の中でも生芋の状態で40度平均になる芋もあります。
その特殊な品種以外の紅はるかでも焼き芋にすると糖度が40~50度のなる。別名「蜜芋」と呼ばれるほど甘いサツマイモ。

紅はるかは安納芋に比べて糖度は高いのですが、安納芋ほどの強い甘さを感じず、どちらかというと上品な甘さを感じることができます。

 

シルクスイート

シルクスイートは2012年から販売されている新品種で、ねっとりとしており、繊維も少ないのでデザート感覚で食べられるサツマイモ。
スプーンですくって食べられるほどなめらかで、冷めても美味しく食べられる品種。

 

鳴門金時

ホクホク、しっとりして美味しく、ふかして食べても美味しい。蒸すとしっとり、焼き芋でホクホク、口どけのよさも◎。

 

美味しいサツマイモの選び方

  • 見た目が均一で張りがある
  • 見た目がふっくらしたもの
  • サツマイモの切り口からあめ色の透明な液が出ていたり、その蜜が固まって黒くなっているサツマイモは甘い証拠。

 

美味しいサツマイモの焼き方

サツマイモの焼き方には何種類か方法があります。

1、オーブンで焼く

  1. さつまいもを塩水に60分つけます
  2. アルミホイルで巻きます
  3. オーブンで160℃、90分ほど焼きます

 

2、魚焼きグリルで焼く

  1. サツマイモを洗い、一本ずつしっかり濡らしてキッチンペーパーに包み、その上からアルミホイルを撒く
  2. 魚焼きグリルに並べる
  3. 弱火で25分。火が消えたら余熱で10分以上蒸らします。

*切ってみてちゅうぷぶが薄いのは焼き加減が足りないから。もし薄ければ、お好みでもう少し焼いてください。

 

3、炊飯器で炊く

  1. サツマイモを洗います
  2. 炊飯器のお釜に重ならないように並べます
  3. サツマイモが4分の1くらい浸るように水を入れます
  4. 炊飯器をセットし、早炊きで炊きます

 

160℃くらいの低温の場合はじっくり焼くのでホイルだけで大丈夫ですが、200℃くらいまで温度を上げて早く焼きたいときは濡れたキッチンペーパーまたは新聞紙にアルミホイルを撒いた方が良いです。

香ばしいお芋が食べたいなら、低温にせず裸で焼くとよいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。炊飯器で炊くというのは、少し驚きました。簡単にできそうでいいですね。
これらを参考に、ぜひ美味しい焼き芋を家でも食べてみてください。