新規就農への第一歩!就農に関する情報収集・相談・体験の方法

  • LINEで送る

新規就農

読者の皆様の中には「農業を仕事にしたい」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
今回は、その始めの一歩として、情報収集・相談・体験の代表的な方法をまとめました。

就農に関心はあるけれど、「そもそもどんな仕事?」や「何から始めればよいかわからない」という段階の方に是非知っていただきたい内容となっています。

【知る】就農に関する情報を集めたい

全国新規就農相談センター-全国農業会議所 (外部サイト)

全国新規就農相談センター

全国新規就農相談センター WEBサイト https://www.nca.or.jp/Be-farmer/

WEBサイトや相談窓口を通して、幅広い情報を提供し、新規就農についての総合的な支援を行っています。
農地や資金、技術の習得など、就農にあたっては様々な要素を検討する必要があることがご理解いただけるかと思います。
独立就農だけでなく、農業法人などに就職したい方にも求人情報の検索もできるデータベースがあるなど、非常に情報が充実していますので、
まずはここにアクセスしてみてください。

【理解を深める】就農に関する相談をしたい

就農にあたってどういった仕事か、どんな選択肢があるか、始めるには何が必要か、などを知ることができれば、次は就農する地域を決めましょう。

就農する地域はまだ決まっていないという方

「新・農業人フェア」(外部サイト)

新・農業人フェア produced by recruit WEBサイト  http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/

新・農業人フェア produced by recruit WEBサイト http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/

新・農業人フェアは、(株)リクルートジョブズ主催、農林水産省・厚生労働省が後援の、大規模な就農イベントです。
地方自治体や地域の就農支援窓口、農業法人や事業主の求人ブースが、およそ150もの数出展しているのが特徴です。
仕事として農業をしていくには自治体の支援はとても重要な支えの一つ。各都道府県の窓口で、より具体的に個別相談ができる場となっています。
1月ではこのあと大阪と東京で行われる予定なので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

2016年1月23日 大阪会場(→詳細

場所:大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 大阪マーチャンダイズマート2階 B・Cホール
時間:10:30〜16:30(16:00受付終了)

2016年1月23日 東京会場(→詳細

場所:東京都豊島区東池袋3-1-1 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA
時間:10:30〜16:30(16:00受付終了)

就農する地域が決まっている方

各地域の就農支援窓口-農林水産省(外部サイト)

こちらの農林水産省のページでは、全国の就農支援窓口の一覧がまとめられています。
またそのページ下部では、各都道府県がどういった支援策をおこなっているのかをまとめた資料がPDFファイルにて公開されているので、一読してみるのも良いかもしれません。

【やってみる】就農にあたって農作業の体験がしたい

農業インターンシップ (外部サイト)

農業インターンシップ

農林水産省の後援を受け、全国の農業法人などで「農業インターンシップ」が行われています。
実際に仕事として体験し、就職先として農業のリアルを知ることで、就農希望者にとっては大きな判断基準の一つとなります。

宿泊費や食費は受け入れ先が負担となり、参加費も無料ですが、未来の日本の農業を担う若者への期待を込めた受け入れ先の農業法人のご厚意で成り立っています。
参加にあたっては、そのことをしっかり認識し、吸収する姿勢が求められます。

さいごに

以上、就農に関心がある方へのはじめの一歩としての窓口を幾つかご紹介しました。
どれも非常に役に立つものばかりですので、お悩みの方はまずアクセスしてみてください。

新規就農は日本の農業の未来に直結する業界全体の関心事でもあります。
ともに農業の未来を築くという意味でも、就農についての悩みはご自身一人の問題ではありません。
相談・情報収集はぜひとも積極的に行っていきましょう。