伝統野菜in青森 糠塚きゅうり

  • LINEで送る

「糠塚きゅうり」

このきゅうりは、八戸地方で6月下旬から8月のお盆にかけて出回るシベリア系のきゅうり。

この地方できゅうりといえば、「糠塚きゅうり」をさすのが当たり前でした。

しかし、深緑色でスマートな現在一般的に出回っているきゅうりに押され、市場から糠塚きゅうりはほとんど姿を消してしまいました。

理由は大きく二つ。

  1. 自家採取し、自根で栽培される糠塚きゅうりは病気に強く、生産量も少ないこと
  2. 見た目が美味しそうでないこと

糠塚きゅうりのようなシベリア系のきゅうりは、太く短いのが特徴。このきゅうりもイボは黒く、堅い果皮は半白に近い黄緑色。

成熟してくると褐色になり、果面にメロンのようなネットが現れます。

【美味しい食べ方】

よく冷やして割って種を取り、味噌をつけて食べる。

一度食べると、病み付きになる美味しさだそうです!

夏の暑い日に、キンキンに冷やして食べてみたいですね。