YACYBER農園日記vol.006 収穫

  • LINEで送る

5~6月は、春先に播種した初期メンバーの野菜たちをどんどんと収穫する時期になりました。

始めは雑草だけだったこの場所も、しっかり耕して畝も立て、いまではすっかり畑らしくなりました。
チャレンジ精神だけで蒔いた種も、立派な野菜として収穫するまでに至ったことはYACYBERの運営に携わる私達にとって非常に良い経験になりました。

以下に写真を中心に報告します。

人参

人参
人参

人参は、不安はあったものの思ったより立派に成長してくれました。
反省点はやはり間引きのタイミング。同じ所から何本も生えた状態で、結構なサイズまで成長させてしまったことは失敗の一つです。
逆にこの人参に間引きの重要性を教えてもらいました。間引いたプチサイズ人参も美味しく料理して頂けたので満足です。
引き抜くときはとても気持ちよく、ついつい抜きすぎてしまいます。

大根

大根
大根

大根については失敗パターンの一つです。生育が良くありませんでした。
大根エリアだけはマルチを張っていたので変に安心していたというのもありますが、おそらく肥料が足りなかったのだと思います。
収穫期の遅れも失敗の一つ。あまり根が太らないまま最終的にトウが立ち、かちかちになってしまいました。
比較的栽培方法の易しい野菜の一つだと思うので再チャレンジしたいです。

ジャガイモ

ジャガイモ
ジャガイモ

ジャガイモは、サイズこそ小さかったものの、収穫量の多さと「意外としっかりジャガイモが出来た」という驚きと感動がありました。
畝自体の水はけ、「芽吹き」のタイミング、追肥の頻度などなど、思い返せば改良の余地はたくさんあります。
収穫はいわゆるじゃがいも掘りなので、童心に帰ったようで楽しめました。
たくさんの量を保管しつつ、皆でいろいろな調理を試しながら食べています。

そんなこんなで、思い入れのある初代の野菜たちを味わっている間にも、既に次の世代の野菜たちがどんどん芽を出しています。
主には

・トマト
・枝豆
・オクラ
・スイカ

あたりに期待といったところでしょうか。
この夏は美味しい野菜たちでもっともっと楽しめそうです。